Dr.テラガキの楽器買取研究ノート

楽器買取研究所

Dr.テラガキが厳選したおすすめ楽器買取店を教えます

Dr. テラガキ
はじめまして。楽器買取マイスターのテラガキです。10社以上の楽器買取店を比較してわかったおすすめ買取店を紹介します

ご自宅に眠っている楽器ありませんか?

かつてバンドをやっていた、軽音をやっていたときにもっている楽器がある。家族が大切にしていた楽器を手放したい、というときにおすすめの楽器買取店を紹介します。

楽器を買取してくれるお店は意外と多いのですが、注意点があります。楽器の販売をメインとしているような「〇〇楽器店」といったお店に買取依頼をしてしまうと「下取り」扱いとなってしまって、かなり雀の涙ほどの値段しかつかないということがよくあるのです。そこで、ここでは、楽器を高くうるためのポイントと、どんなお店に売るとキチンと査定してもらえるのか?を紹介したいと思います。

高額査定を期待することができる楽器は?

そもそも、どのような楽器を売ることができるのでしょうか?もちろん、アンティーク楽器や希少品でプレミアムがついているような楽器であればかなりの高額買取を期待することができますが、そういったもの以外にも「しっかりとした有名メーカーの楽器」であれば、ちゃんとした値段をつけてもらうことができます。

  • ギター(クラシックギター、アコースティックギター、エレキギター)
  • ベース
  • フルート
  • シンセサイザー
  • サックス
  • チェロ
  • トランペット
  • バイオリン

ギターやチェロ、バイオリンといった弦楽器に加えて、人気なのがトランペットやサックスのような金管楽器です。これらの他にターンテーブルをはじめとしたDJ機器などもかなりの高額買取を期待することができます。逆に、学校で使っていたようなリコーダーやカスタネットといったものは楽器買取専門店でも値段がつかないことがほとんどですので、思い出の品として保管しておくのがよいでしょう。

正直、いくらで売れるのか?楽器買取の相場は?

多くの楽器買取店に、だいたいいくらで買取ってくれるのか?と聞いても「ものを見てみないと…」とお茶を濁されてしまって、買取金額の目安すら教えてくれないことがほとんどです。しかし、楽器買取の査定員の人にこっそりと聞いた限りでは、ざっくりとした買取金額の目安というものがあるようです。

楽器買取専門店であれば、「定価の1/4~1/5」が目安

それは、「傷などが目立たない綺麗な状態の楽器」(ギターやトランペットなど流行り廃りがそこまで大きくないもの)であれば、定価の4分の1程度というのが買取金額の相場だということです。なので、当時定価20万円で購入したようなサックスで大切に使っていたのであれば、4~6万円くらいで買取ってもらうことも期待できます。

実際、楽器の買取店では定価の1/4で購入して、部品の効果や清掃、チューニングなどをしっかりと行った上で、定価の1/2~1/3くらいの値段で店頭に並べるというビジネスです。こうした専門店であれば、楽器の価値が分かる人がまた買っていくという良い循環を期待することができます。

リサイクルショップやハードオフだと「定価の1/10」以下!?

しかし、万が一ハードオフのような楽器買取を専門としていないようなお店や、家の近くにあるようなリサイクルショップで他の家具などとまとめて売ってしまうと、定価の1/10以下になってしまうなんてこともよくあるそうです。特に、音楽に興味がなくて楽器の価値がわからない家族が家にあるものをまとめて売ってしまった、なんてときによく起きる悲劇です。

そのため、楽器の目利きをすることができる専門の査定員がいる専門店で売却するのがおすすめです。また、リサイクルショップが買取ったはいいけれど、音楽に興味がある人が来店しないせいで、買い取られた楽器がそのまま倉庫の肥やしになってしまう…なんてことになると楽器自体が傷んでしまって大変もったいないなぁと思うことがあります。

改造した楽器や特注品(カスタム品)はあまり値段がつかない

楽器の一部の部品を別のものと交換していたり、特注品のようなものは楽器の専門店に持っていったとしても1/10くらいの値段しかつかないことも多いようです。特注品なのでかなりお金がかかっているのにあまり値段がつかないのは悲しいですが、仕方ないですね。もし、その価値をわかってほしい!という場合は、こだわりをしっかりと理解してくれる知人に譲ったほうがいいかもしれません。

楽器買取の選択肢は4つ!

楽器買取店(店頭)に持ち込む

近くに楽器買取の専門店がある場合には、店頭まで持ち込むといった選択肢もあります。もし、いつも楽器を購入しているような懇意にしている楽器屋さんがある場合には、そこに買取依頼を出すのも良いかと思います。ただし、下取り扱いに準じた金額になってしまうため、高値は期待することができません。

まさかのハードオフより安い値段がついてしまうなんてことも…

楽器買取の出張サービスを利用する

売りたい楽器がたくさんある場合や、大型の金管楽器や重たいアンプなどを売りたい場合には、自宅まで来てくれる楽器買取の出張サービスを利用するのがおすすめです。首都圏や大阪圏に住んでいる場合であれば、電話をして即日出張してくる場合もあるので、今すぐに手放したい、引っ越しの日時が迫っているといった場合には最もおすすめです。ただし、地方だったり離島だったりすると出張を断られるケースもあります。

https://twitter.com/momokanito/status/1104560954489024513

なお、大型の楽器であるピアノ買取の場合は、家から出すのにクレーン作業などが必要になることもあるため、出張買取以外の選択肢は現実的ではありません。

また、出張買取に対応しているエリアが限られていることがあります。例えば、楽器買取サービスで有名な「楽器の買取屋さん」は、関東、中部、関西地方であれば大体の地域に対応していますが東北や九州地方はまだまだ対応していない地域が多いようです。

楽器買取の宅配サービスを利用する

送料無料で査定してくれるところも多いので、宅配買取の楽器買取を利用することもできます。ただし、高級な楽器だと運送中の事故が保証されないといったこともあるので、その場合は避けたほうが良さそうです。出張サービスのエリア対象外といった場合には、宅配買取を利用するのがおすすめです。

楽器がすっぽり入るサイズの梱包キットを送ってくれる宅配買取サービスを利用すれば、「楽器が入るダンボールがないから、お金を出して買わなくちゃ」なんて本末転倒なことも避けられます。

メルカリ・ヤフオクで売却する

もしカスタム品や特注品といった場合であれば、メルカリやヤフオクで売却するほうが意外な高値がつくケースもありますが、それ以外の場合には、送料や手間を考えると、楽器買取店で出すのとあまり値段がかわらないケースがほとんどです。また、自分では気づかなかったような傷や故障している箇所などがあったときにクレームにもつながりやすいので、高い楽器であればあるほど、業者を挟まないフリマやネットオークションはおすすめできません。

メルカリやヤフオク上では偽物や盗難品を売るひとがいるせいで、本物を売ろうとしているのに疑われてしまう…なんてことがあるのが嫌ですよね。

おすすめ楽器買取店TOP4

楽器の買取屋さん(出張買取)

「楽器の買取屋さん」の重点買取ジャンル

  • 弦楽器
    • アイバニーズ、アトランシア、アトリエZ、アリア、アレンビック、アンペグ、イーエスピー、イーストマン、イタリア・ギターズ、ヴァレー・アーツ、ヴァンザンド、ウェイン、エドワーズ、エピフォン、オーネッツ、オベーション、カラザースギター、カール・ヘフナー、ギブソン、キャパリソン、キラー、ギルド、グラスルーツ、クルーズマニアックサウンド、グレコ、グレッチ、コールクラーク、コンバット、サー、ジーアンドエル、サドウスキー、シェクター、ジェームス・タイラー、シャーベル、ジャクソン、シルバートーン、スクワイア、スタインバーガー、スティーブンスギター、ステータス、スペクター、セイモアダンカン、ゼマティス、ゾディアック・ワークス、ダキスト、タルボ、ダンエレクトロ、ディアンジェリコ、ディーン、デイジーロック、デイズコーポレーション、ディバイザー、デューセンバーグ、トーカイ、トニースミス、トムアンダーソン、ナビゲーター、バーニー、パーカー、バッカス、ピーヴィー、B.C.リッチ、ピグノース、フェルナンデス、フェンダーUSA、フェンダーJAPAN、フォトジェニック、フジゲン、ブライアン、ヘイマー、ポールリードスミス、マイク・ルル、マーティン、ミュージックマン、ムーンギターズ、モズライト、モモセ、モーリス楽器製造、ヤイリギター、ヤマハ、ライン6、リッケンバッカー、レジェンド、ワーウィック、ワッシュバーン(ウォッシュバーン)
  • 打楽器
    • イスタンブール・シンバル、カノウプス、キクタニミュージック、クラビア、グレッチ、小出製作所、こおろぎ社、ジルジャン、タマ、パイステ、パール、フジゲン、星野楽器、ヤマハ、ラディック・ムッサー、ローランド
  • 管楽器
    • イオ、キング、セルマー、ビュッフェクランポン、マーティン、ヤナギサワ、ヤマハ、ユリウス・カイルヴェルト、ランポーネ&カンツァーニ
  • 鍵盤楽器
    • アープ、アウグストホフマン、イースタイン、エース電子工業、エレクトロニック・ミュージック・スタジオ、エセックスピアノ、エンソニック、オーバーハイム、河合楽器製作所、クラビア、クルーマー、コルグ、シーケンシャル・サーキット、スタインウェイ・アンド・サンズ、テスコ、ノルディスカ、ファツィオリ、ブリュートナー、プレイエル、プロペラヘッド・ソフトウェア、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン、ペレツィーナ、ボストンピアノ、Multivox、メイソン・アンド・ハムリン、モーグ・シンセサイザー、ヤマハ、ローランド
  • 音楽機材
    • アエル、アカイ、アンペグ、イービーエス、ヴェスタックス、エクラー、ケトナー、コルグ、パイオニア、ボス、ヴォックス、マーシャル、メサブギー、ヤマハ

これらの楽器やオーディオ機器を重点買取対象としているようなので、この中に掲載されているメーカーの楽器を持っている場合は高値買取が期待できます。

「楽器の買取屋さん」の出張可能エリア

楽器の買取屋さんの出張可能エリアは以下のとおりです。

  • 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城)
  • 中部(静岡・長野・愛知・三重・岐阜)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山)
  • 中国・九州(広島・佐賀)

九州の中では佐賀だけ対応しています。2019年現在で福岡がエリアに入っていないのは少し残念ですね。

楽器の買取屋さんの公式サイト(こちらから電話できます)

かなで屋(出張&宅配買取)

「かなで屋」の重点買取ジャンル

  • ギター
    • エレキギター、アコースティックギター、クラシックギター、セミアコースティックギター、フルアコースティックギター
  • ベース
    • エレキベース、サイレントベース
  • アンプ
    • ギターアンプ、ベースアンプ、真空管アンプ、ヴィンテージアンプ
  • 管楽器
    • サクソフォン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、クラリネット、チューバ、フルート、オーボエ、ホルン、ピッコロ
  • サックス
    • ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス
  • 弦楽器
    • ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、ウッドベース、コントラバス
  • 打楽器
    • 生ドラム、電子ドラム、カホン、鉄琴・木琴
  • 鍵盤楽器
    • シンセサイザー、鍵盤ハーモニカ、アコーディオン
  • DJ機器
    • アナログターンテーブル、CDJ、PCDJ、DJミキサー
  • PA・録音機器
    • MTR、PA用スピーカー、ミキサー
  • 和楽器
    • 和太鼓、三味線、琴
  • その他機材
    • エフェクター、チューナー、シールド、マイク、アンプ

かなで屋さんの楽器買取の公式サイトはこちら(出張買取や宅配買取の依頼ができます)

楽器買取ネット(宅配買取)

楽器買取ネットの公式サイトはこちら(無料見積り&梱包キットの取り寄せができます)

楽器買取アローズ(宅配買取)

楽器買取アローズの公式サイトはこちら(梱包キットの取り寄せ&集荷依頼ができます)

楽器の出張買取の流れ

楽器の出張買取は最もポピュラーな流れになっています。出張買取の代表的な楽器買取サービスの「楽器の買取屋さん」を利用する例を紹介します。

こちらは、ホームページにアクセスすると電話番号が表示されますので、電話をしてください。最短で30分で出張するとうたっているサービスもありますが、たまたま近くを査定員が移動していた場合に限られるため、通常は翌日~1ヶ月以内で都合が良い日時を調整することになります。引っ越しが迫っている場合には、その旨を伝えれば急ぎ目に日程の調整をしてくれますので遠慮なく伝えましょう。

楽器の宅配買取の流れ

宅配買取の場合は、ホームページから宅配買取を申し込むと、自宅に梱包キットが届きます。その梱包キットに詰めて楽器を送ると査定をしてもらえるという流れになります。

特に、ギターは縦長のため通常手に入るダンボールなどには収まりきらないことも多いため、楽器買取業者から届く梱包キットを利用するのが運送中の事故を減らすためにも重要になります。

[item_list_table genre_slug='gakki']

更新日:

Copyright© 楽器買取研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.